スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルミキシルの美白

個人輸入ならとことこどっとねっと!




005667_lumixy_syouhin4.jpg
005667_lumixy_bana_d.jpg
肌が弱いために今まで美白をあきらめていた人に朗報!!
非刺激性・非毒性 なので すべての肌質にご利用いただけます。
美白で有名なハイドロキノンなどの化学物質は刺激が強く、使用時にヒリヒリ感を伴うことがあります。しかし、ルミキシルは完全に非刺激性・非毒性なので、肌へダメージを与えることなく長期間にわたってご使用いただけます。ルミキシルブライトニングクリームは「高い美白力」と「肌へのいたわり」を同時に実現した画期的な美白クリームです。

ルミキシル を使っている方のブログです
美女道場 なりたいカラダになる方法

当店は、オオサカ堂のアフィリエイトを使っておりますご購入をお考えの方は、こちらをクリックしてください

Lumixylは、軽度から中等度の色素過剰の外観を改善するために、スタンフォード大学の研究者により開発された合成ペプチド(INCI名:lumixylペプチド)を含有する局所用美白クリームです。合成ペプチドは一連の天然由来のアミノ酸から成り、長さが短いことを除いて構造はタンパク質と全く同一です。Lumixylペプチドは皮膚のメラニン生成に関与する酵素である、チロシナーゼを阻害して皮膚を脱色(美白)します。Lumixylに含有されているペプチドが、均一にチロシナーゼを阻害することで調和したより均一な外観が得られます。

ルミキシルについてヤフー知恵袋より
しみにルミキシルか、トレチノイン+ハイドロキノン
ルミキシルを塗るか、トレチノインを塗ったあとハイドロキノンを塗るか、
どっちがしみ・そばかすに効果的なんでしょうか??

美白成分であるハイドロキノンを超えたルミキシルは、10種のペプチドから構成され、副作用なく安全に使用できる新しいタイプの美白クリームです。使用後は肌に輝きがでて若さが戻るという評判です。
ハイドロキノンではメラニン抑制が7%なのに対してこのルミキシルは40%の抑制効果があり、チロシナーゼ阻害はハイドロキノンの17倍の効果があることが臨床にて実証されました。
あらゆるスキンタイプの方に使用でき、使用過多による副作用もなく、使用後もお肌が乾燥する事もありません。
ただ、短期間で改善するのではなく、半年・1年といった長期間ご使用いただけることをオススメします。

ハイドロキノンを超えるとされる美白クリーム「ルミキシル」を試された方いらっしゃいますか? 30代女性です。よろしくお願いします。
私は現在、夏の初めに突然できた1cm四方くらいのシミに悩んでいます。
化粧品の刺激もあったので、炎症後色素沈着と肝斑の両方の可能性があると思い、きちんとした皮膚科に行こうと考えています。そんなときにインターネットで見かけたのが、上記「ルミキシル」です。
現在、私には敷居の高そうな?美容系の皮膚科(少しエステっぽいような)でしか取扱がないようで、どうしたものかと躊躇しています。サイトで購入できるところもあるようですが、医師の処方があったほうがよい気もしています。 敏感肌で、以前ハイドロキノン5%を使用した時には赤みが出てしまったので、刺激が少ないとうたわれている「ルミキシル」にとても興味があります。
そこで、実際「ルミキシル」を試された方、詳しい知識をお持ちの方がいらっしゃいましたら、なんでも結構ですので教えていただけないでしょうか?美容系の皮膚科に関する情報でも結構です。どうぞよろしくお願い致します。

ルミキシルをインターネットで買って使用中です。使用感はさっぱりしています。しかしその後に保湿クリームなどを塗らないと乾燥するような気がするのです。
ですからお金を気にしないなら皮膚科でライトを当ててもらいつつルミキシルを処方してもらう方がいいのかもしれません。 私は平気なタイプなので直接ネットで購入してしまいました。

詳しくは、こちらをご覧ください
(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)リバイタルアイクリーム
(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)モイスチャーロックサンスクリーン
(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)グリコピール20ローション
(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)グリコピール10ローション
(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)アクティブクレンザー
(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)ブライトニングクリーム
(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)Newブライトニングセット

おすすめの輸入代行です
とことこ個人輸入代行

スポンサーサイト
グーグルアドセンス
CM
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。